洲本側の氾濫を防止するため、または新たな街の区画整理等を目的に、明治37年(1904年)に現在の位置に付け替えられたが、それを実行した当時の洲本町長。また、「鐘ヶ淵紡績(カネボウ)」の誘致などにも貢献し、「洲本近代化の父」と言われています。

► ②