下ノ城は阿波藩の御屋敷であったところで、正門は現在の検察庁入口となっています。裁判所、検察庁、淡路文化史料館一帯が「御城ノ内」と呼ばれていました。明治初年の藩政改革で阿波藩の淡路関係役所が統合され、「東民政所」となりました。

② ◄► ④