元洲本城内にあり「蜂須賀氏迎賓館」であったといわれています。「大唐破風造り」の玄関、豪壮な武家書院と飾金物などにより、寛永年間の建造物として現在では、「兵庫県の指定文化財」となっています。金天閣の右前方の建物には、稲田氏の家紋である「矢羽根」の軒丸瓦があります。

⑤ ◄► ⑦