「洲本神社」は江戸時代洲本城代の稲田氏の崇敬が最も厚い神社であったと伝わっています。また、自然主義作家「岩野泡鳴」、南画の大家「直原玉青」らが子供時代に遊んだ場所としても有名です。

⑨ ◄